HOME

辛さは我慢する必要はありません!

nayami

「仕事が合わない」

「人間関係が上手くいかない」

「毎日泣いている日々が続いている」

 

希望を胸に入社したはずの会社で、仕事が合わなかったり人間関係が上手くいかず悩んでいる新入社員は多いそうです。

 

 

「慣れるまでの我慢」や「社会人なら当たり前」といった意見もありますが、

果たしてそれが本当に正しいことなのでしょうか?

 

もちろん我慢して続けることができればそれが一番です。

ですが、心身がついていかず、体調を崩したり心の病を患ったりする人は大勢います。

ほんの一部ではありません。心の病を患ってしまう新入社員が全国的にいる状況。異常なことだと思いませんか?

 

私は、「我慢が足りない」「考え方が甘い」などの精神論がまかり通ってしまう、今の社会の仕組みの方が異常な状態だと思っています。

 

辛い状況で我慢し続ける必要はありません。

新入社員で転職を経験しました

当サイト管理人である私自身、5年前に新入社員で転職しました。

 

大手IT企業の子会社で、地元でもそれなりに有名な会社へ入社したのですが、職場の人間関係に馴染めず孤立する日々を過ごしました。

 

新入社員でしたのでミスに対する指摘は当然なのですが、ちょっとでも上司の考えと合わない行動をとると怒鳴られていたので、次第に怒鳴られることがトラウマとなっていきました。

 

「ミスして怒鳴られるんじゃないかと」ビクビクして委縮するようになり、委縮することで上司に怒鳴られるという悪循環が続き、日に日に胃が痛くなり、朝起きてからの出社前に吐き気をもよおすようにもなりました。

 

akujunkan

 

「自分が甘いだけなのか?」

「ここで辞めても次の職場でも同じじゃないか?」

 

こんなこと考えて辞めることもできず、辛い毎日を過ごしていたのですが、あるとき転職支援サイト「リクナビNEXT」の広告が目に止まり、何気なく登録してみることにしました。

 

転職支援サイトがきっかけで第二新卒として転職に成功!

何気なく登録した「リクナビNEXT」でしたが、当時の辛い状況から救い出してくれて、最終的に第二新卒として転職を成功させてくれた、私としては人生を好転してくれた支援サイトとなりました。

 

 

適切な情報収集ができる

現在の状況、条件や希望を登録すると、それに合わせた企業情報や転職情報が電子メールで送られてきます。

送られてくる情報を見ると、新入社員の転職、いわゆる第二新卒を求める企業が結構多いことに驚きました。

 

転職支援サポートが充実している

企業情報だけではなく、どのように転職活動を進めたらよいか?などの転職支援のサポートも充実していています。

具体的な転職の進め方や、実際の成功事例が掲載されているので、転職活動は始めるときに迷ったり、不安になることはありませんでした。

 

 

同じ悩みの人と情報を共有できる

リクナビNEXTのサイトには、登録者同士が交流できる「フォーラム」があります。

フォーラムで、同じ悩みを持つ人の意見を聞けたことも励みになりました。

自分だけじゃないし、同じような境遇の人が転職も成功させていると知れるからです。

 

 

心の安心感が生まれる

何より一番良かったのが、情報を集めることによって「いざとなったら転職できる」という安心感が生まれたこと。

心に余裕が生まれ、辛かった職場での仕事がそれほど気にならなくなったのです。

転職情報サイトで情報を見たり同じ悩みの人の意見が聞けて、気分転換になったのだと思います。

 

 

結局、私は入社1年目の冬、入社10ヵ月にして前の会社を退職し、今の会社に勤めています。

 

前の会社と同じ職種ですが、職場の雰囲気も違い怒鳴られることも全くありません。伸び伸びと仕事がやれるのでミスも少なくなりました。前の職場のような怒鳴られる恐怖がなくなったので、萎縮してしまいミスを誘発していたのだと思います。

 

もちろん仕事ですから大変な部分もありますが、辛く追い詰められた日々から解放され、余計なことを悩まずに仕事ができるようになり、転職して心から良かったと思っています。

 

新入社員でも理想の転職先は見つけることができます。

まずは転職支援サイトなどで、事前の情報収集をしっかりしましょう。

辛い現状の気分転換にもなるし、いざ行動するときに迷いなく行動できますよ。

第二新卒を求める企業は結構多い

 

入社1年目で会社を退職した人を対象とする、第二新卒を求める企業は意外と多いです。

 

私も転職情報サイトに登録して初めて知ったのですが、新入社員として扱うことができるため、企業側としても採用しやすいらしいのです。

 

中途採用となると、それなりの経験を求め即戦力が必要になります。そのため待遇も経験者としての待遇を考えなければなりません。

 

第二新卒であれば、待遇は新入社員と一緒です。

前年度、新人採用が上手くいかなかった企業が、第二新卒を探すケースは年々増えています。

 

「経験がないから相手にされないんじゃないか」とか「すぐに辞めるんじゃないかと思われる」といった心配をする必要はありません。企業側の人事担当も、会社に合う合わないがあるのは理解していますし、企業側も新人として採用したいのです。

 

私のように、新入社員で退職しても理想の転職先は見つかります。

まずは転職情報サイトに登録して情報を集めましょう。

 

そこから現状を打破する第一歩が始まりますよ。

 

リクナビ NEXT

就職・転職といえば「リクナビ」というイメージが強かったですし、使いやすいサービスがいろいろあり本当に役に立ちました。

 

転職者同士の情報収集

転職で悩んでいる人同士の情報が閲覧できたり、お互いの悩みや質問を共有できるサービスがあります。

 

企業側からのスカウト機能

職歴や希望条件を匿名で登録すると、募集を実施している企業や転職エージェントから直接オファーがくるサービスがあります。

 

 

soudan

同じ転職を希望している人たちと情報や悩みを共有できたことは、ものすごく心強かったです。

やっぱり転職して職場を変えるのは不安なことが沢山ありますから、不安な気持ちを共有し合えただけで心にゆとりができました。

 

 

offer

募集企業や転職エージェント側からオファーが来るのも大いに役立ちました。

自分が気づいてなかった会社に気づけたり、企業側からオファーが来ることで、自分を求められている気がして自信に繋がりました。職歴や転職希望条件を匿名で登録できたのも利用しやすかったですね。

私自身、このスカウト機能を利用して、今の会社に転職することができました。

 

まずは気軽に情報を集めてみると、状況が変わってくると思いますよ。

 

 


Copyright © 辛くて辞めたい新入社員へ | 辛さを解消させる方法 All rights reserved