会社が辛い 仕事が合わない 新入社員 転職

辛い会社は我慢する必要ない!

悩み

 

「仕事が合わない」
「人間関係が上手くいかない」
「毎日泣いている日々が続いている」

 

希望を胸に入社したはずの会社で、仕事が合わなかったり人間関係が上手くいかず悩んでいる新入社員は結構多いです。

 

  • 慣れるまでの我慢
  • 社会人なら当たり前

 

といった意見もありますが、果たしてそれが本当に正しいことなのでしょうか?

 

もちろん我慢して続けることができればそれが一番です。
ですが、心身がついていかず、体調を崩したり心の病を患ったりする人は大勢います。
ほんの一部ではありません。心の病を患ってしまう新入社員が全国的にいる状況。異常なことだと思いませんか?

 

僕は、

 

  • 我慢が足りない
  • 考え方が甘い

 

などの精神論がまかり通ってしまう、今の社会の仕組みの方が異常な状態だと思っています。

 

当サイトでは、入社10ヶ月で転職した僕の体験談を元に、辛い状況を解消する方法と、新人でも自分の希望に合った転職ができる方法をご紹介します。

 

辛い状況で我慢し続ける必要はありません。
まずは第一歩から始めてみましょう。

 

新入社員でも転職できる

当サイト管理人である僕自身、7年前に新入社員で転職しました。

 

大手IT企業の子会社で、地元でもそれなりに有名な会社へ入社したのですが、職場の人間関係に馴染めず孤立する日々を過ごしました。

 

新入社員でしたのでミスに対する指摘は当然なのですが、ちょっとでも上司の考えと合わない行動をとると怒鳴られていたので、次第に怒鳴られることがトラウマとなっていきました。

 

「ミスして怒鳴られるんじゃないかと」ビクビクして委縮するようになり、委縮することで上司に怒鳴られるという悪循環が続き、日に日に胃が痛くなり、朝起きてからの出社前に吐き気をもよおすようにもなりました。

 

  • 自分が甘いだけなのか?
  • ここで辞めても次の職場でも同じじゃないか?

 

こんなこと考えて辞めることもできず、辛い毎日を過ごしていたのですが、「転職のことを調べるだけならいいだろう」と思い、まずは転職サイトの定番である「リクナビNEXT」に登録して調べるようになりました。

 

転職サイトが人生の転機になった

「転職の情報を集める意味でも」と登録した転職サイトでしたが、転職希望者のためにいろいろなサービスがあり驚きました。

 

その中でも、僕自身役に立ったのは以下のサービスです。

 

  • 仕事の適性診断(自分の適性診断)
  • 企業からオファーがくるスカウトサービス
  • 最新の転職・企業情報のサポート
  • 登録者同士の情報共有

 

仕事の適性診断(自分の適性診断)

 

個人的に一番役に立ったのが「仕事の適性診断」です。

 

リクナビ1

 

質問や設問に答えていくだけで、自分の仕事に対する本当の強みや特徴を診断できるというサービスです。

 

18種類の自己分析の中から、あなたの長所となる性格や能力を診断してくれるので、次の会社を探すときの参考になるし、応募書類の長所の記入や採用面接のときの「自分の売り」にも活用できます。

 

リクナビ2

 

分析結果は、以下の画面のようにかなり細かく分析してくれます。

 

リクナビ3

 

今の会社で続けられるのかな?今の職種は本当に自分に合っているのかな?と悩んでいるときに、非常に参考になるサービスです。実際に僕も、グッドポイント診断の結果を参考にして、うまく応募書類や採用面接を乗り切りました。

 

リクナビNEXTで仕事の適性診断をしてみる

 

企業からオファーがくるスカウトサービス

 

リクナビ4

 

職歴や希望条件を匿名で登録すると、募集を実施している企業や転職エージェントから直接オファーがくるサービスがあります。

 

募集企業や転職エージェント側からオファーが来るのも大いに役立ちました。
自分が気づいてなかった会社に気づけたり、企業側からオファーが来ることで、自分を求められている気がして自信に繋がりました。職歴や転職希望条件を匿名で登録できたのも利用しやすかったですね。

 

僕自身、このスカウト機能を利用して、今の会社に転職することができました。

 

最新の転職・企業情報のサポート

 

現在の状況、条件や希望を登録すると、それに合わせた企業情報や転職情報が電子メールで送られてきます。雑誌などよりも情報がリアルタイムに入ってくるので、そういった情報を見て、現状の転職状況を勉強できました。

 

送られてくる情報を見ると、新入社員の転職、いわゆる第二新卒を求める企業が結構多いことに驚きました。

 

実際、最新情報に触れて「新入社員(第二新卒)でも、希望の会社に転職できそうだ!」と確信できたのも大きかったです。

 

登録者同士の情報共有

 

リクナビ5

 

転職で悩んでいる人同士の情報が閲覧できたり、お互いの悩みや質問を共有できるサービスがあります。同じ転職を希望している人たちと情報や悩みを共有できたことは、ものすごく心強かったし、それだけで追い込まれている心の状況から少し解放された気分でした。

 

やっぱり転職して職場を変えるのは不安なことが沢山ありますから、不安な気持ちを共有し合えただけで心にゆとりができました。

 

新入社員で転職しても希望の会社に入社できる!

結局、僕は入社1年目の冬、入社10ヵ月にして前の会社を退職して転職しました。その時に就職した会社に、もう7年以上も勤めています。

 

前の会社と同じ職種ですが、職場の雰囲気も違い怒鳴られることも全くありません。伸び伸びと仕事がやれるのでミスも少なくなりました。前の職場のような怒鳴られる恐怖がなくなったので、萎縮してしまいミスを誘発していたのだと思います。

 

もちろん仕事ですから大変な部分もありますが、辛く追い詰められた日々から解放され、余計なことを悩まずに仕事ができるようになり、充実感を持って仕事に取り組めています。

 

会社の規模は前の会社より小さくなりました。でも、その分、社員全員が同じ方向を向いています。誰かが失敗したらそれを全員でフォローしようという考えがあります。そしてなにより、和気あいあいと楽しく明るい職場です。

 

入社1年目という新人でしたが、転職して本当に良かったと思ってます。

 

新入社員でも理想の転職先は見つけることができます。
まずは転職支援サイトなどで、事前の情報収集をしっかりしましょう。
辛い現状の気分転換にもなるし、いざ行動するときに迷いなく行動できますよ。

 

もし、「どうしたらいいかわからない」とか「辛い現状から逃げ出したい」というのであれば、転職サイトに登録するなどまずは行動を始めてください。第一歩を踏み出すことで、気分が少しラクになるし、僕のようにそのまま転職まで進んで人生の転機になるかもしれないですよ。

 

▼自分の適性診断もできる「リクナビNEXT」はコチラ▼

 

 


■職場環境で悩むあなたにコチラのサイトも参考になります
参考サイト:新入社員の転職計画 | 新入社員でも第二新卒として転職できる!転職を成功させるコツを紹介